面会交流イメージ.jpg
父母それぞれが、鉢合わせすることがないように、
また一切やり取りをする事もなく、日時調整から付き添いまでのサポートします。
面会交流サポートタイトル.jpg
 
実際に利用になる際には、まずzoomにて事前面談を受けていただきます。 
調停中でも支援可能です。
 
面会交流場所は、当法人ではどこでも可能です。
例えばですが、公民館・商業施設のベビースペース・公園・水族館・動物園など、どこでも可能です。
 
1.jpg
付き添い
面会交流の現場に支援員が付き添いします。(③含む)
2.jpg
受け渡し
面会交流の開始時と終了時のお子さまの送迎を行います。
面会交流現場での支援員の付き添いは含まれていません。
(③含む)
3.jpg
連絡調整
面会交流の日時などの調整を支援員が間に入って行います。
4.jpg
間接交流
直接面会が認められない場合の、写真・手紙・プレゼント等の送付の中継を行います。
5.jpg
行事参加
学校行事などの参加に①の付き添いをつけて行います。
法人としての縛りはありませんので、お子さんの年齢やお子さんの様子を見ながら、父母合意の上で対応可能です。
 
ズーム.png
1.jpg
子どもの父母双方から別々にお申し込み
2.jpg
申し込み後、父母別々に、zoomにて事前面談を行います。
・面会交流支援についての考え方や条件の確認を行います。

・父母双方に、利用の意思確認。

・父母双方に、利用合意書・規約に目を通して頂き、署名の上提出してから、面会交流調整開始となります。

3.jpg
事前面談にて問題ないと判断した場合に、面会交流の日程や、時間、場所の調整をします。
相手型と一切やり取りする事なく、日時場所の決める連絡調整かから行います

全て法人としての、縛りはありません。

父母合意のもと、依頼があれば対応します。

 
面会交流支援費用は、利用後に振込となります。
父母の中で費用負担の取り決めの合意がないと、面会交流は出来ませんので、事前に
費用負担の取り決めはお願いします。何卒ご了承ください。
 
 

相手方とも一切やり取りする事なく、連絡調整含めて面会交流当日までの全ての調整を行います。

 

付き添いの場合は、スタッフは2名体制になります。

帰りには、スタッフ一人はお母さん達に付き添い、お母さん達が電車に乗るまで、もう一人のスタッフがお父さんにつき、鉢合わせがない様に対応してます。

 

万が一、お子さんに被害が及ぶ言動・居場所をさぐる様な言動があった場合には、スタッフがさりげなく介入し、それらを阻止します。

 

命の危険や連れ去りなどの様子が見られた時は、110番通報する場合もあります。

 

初回面会交流時は、父母の傾聴を行います。

 

いつでも相談可能ですので、実際に面会交流をスタートしてからでも、困ってる事、子どもとの接し方など何でも相談できます。

 

不安・葛藤などさまざまな思いを、いつでも遠慮なくお話しを聞くことを行っております。

 

面会交流支援5年以上のベテランスタッフが必ず付添います。

 

どのスタッフも、子供に関わる資格を持っているものや、研修に合格したものですので、安心してお任せください。

 

同じ環境のスタッフが多数在籍しています。

だかこそ、その方にあった支援を提供できます。

リブラ
リブラロゴ.jpg

   特定非営利活動法人 Libra